こんな私ですが。

プロフィール

公立高校の現役教師。

25歳の時、採用試験3回目で合格。教員経験27年(2020年3月末時点)。

 

運動部経験は、中学校まで。

高校時代はゲーセンに通いつめ、大学浪人時代もゲーセンと雀荘に通った結果、進学先は第4志望

 

高校の時の最も苦手な科目は「古典」。

「文法」の時間が苦痛でたまらず、テストでは口語訳を丸暗記して臨み、撃沈。

にもかかわらず、現在は「国語」全般を教えることに。

ちなみに「文法」は「教えていて楽しい♪」ほど好きになった。

 

いわゆる「受験指導のノウハウ」ゼロ。

にもかかわらず、公立の新設校で東大合格2名に加え、他の生徒も志望校合格を果たす。

 

その理由は、

1.本人の涙ぐましい努力。

2.生徒と教師が志を立てて受験に臨んだ。

3.中高一貫校で、高校受験がなかった。

上記3点がうまくバランスを取ったから。

 

でも、一番嬉しく思うことは、

・学年の多くの生徒がのびのびと学校生活を謳歌していたこと。

・そして、何らかの課題を抱えていた生徒たちが、自らの困難を克服するのをサポートできたこと。

環境づくりがとても大切であること」を学ぶ。

 

学校運営の知識やスキルは皆無

それでも十分楽しく仕事、やれてます♪

それは、「学校のスペシャリストにはならない」と決めているから。

 

 

部活動経験なし、

受験指導スキルなし、

校務分掌の専門性なし。

 

三拍子そろった何の取り柄もない私が変わったのは、45歳の時。

「あ、俺、もうすぐ死ぬんだ」と根拠もなく感じたから。

 

そして48歳の時、人生を貫く考え方を手に入れたから。

 

それが「原則とビジネス思考」です。

 

 

私は、教師としての取り柄は何一つありませんでした。

でも、だからこそ言えることがあります。

 

 

このブログでは、

教師として成功し、

私生活を充実させ、

セカンドキャリア構築を目指す。

 

教師が本当の意味で自由を手に入れるための方法をお伝えします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました