高校生年代の人に本を読んでほしい、4つの理由。

トピックス
1.短い人生において個人が経験できる事柄が圧倒的に少ないこと。

 

私たちは非常に狭い世界の中で生きているわけなので、もし広い世界を知りたいのであれば、本を読むことで他者から知識を分けてもらうか、他者の経験を追体験するしかありません。その点で本は最も手軽で安価な方法です。

 

 

 

2.私たちがこれから歩む社会は従来の価値観では対応できない社会であること。

 

終身雇用はもはや死語です(厚生労働省報告書『働き方の未来2035~一人ひとりが輝くために~』を読んでみてください)。現在の高校生年代の人は、二人に一人は100歳まで生きます。そのため、「時代に即した力を身につけたい」「本当の意味で豊かな人生を送りたい」と願うのであれば、一生を通じて学び続けるしかありません。その点で本は最も手軽で安価な方法です。

 

 

 

3.「大切なことに早く気づいた者は豊かな人生を送ることができる」という事実。

 

さらに、少なくとも現状において読書に時間を費やせるのは学生時代という現実があります。就職したら自分の時間はほとんど取れません。つまり本を読み始めるなら「今」です。

 

 

 

4.あなたが本を読めば、あなたの子供も本を読みます。

 

全てのことは、人に強いることはできません。あなたが楽しそうに本を読むか、何らかの価値を見出しながら本を読んでいれば、あなたの子どもは必ず影響を受けます。同様に、いつも不満を言ったり人の噂話ばかり言っていたとしても、あなたの子どもは必ず影響を受けます。とてもシンプルな原則です。

 

 

 

本は読まなければならないものです。

 

 

 

こんな言葉があります。

 

「たとえ文字を知っていても、もし本を読まないのであれば、その人は文字を知らないのと同じことだ。」

 

 

自分を高めるための最も手軽で安価な方法は、本を読むことです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました