学校は「クレームが来ないこと」が、第一優先。

トピックス

皆さんお昼ですけどこんばんは角松利己です!

*句読点が全くないのは、もちろん敏生兄さんのコンサートの「入り方」へのオマージュです。息継ぎなしでお読みください(笑)。

なお、「編集後記」には、私・角松利己イチオシの角松敏生が味わえるURLを掲載しておきました。特に9曲目の「After 5 Crush」は、秀逸です・・・・・・。誰が何と言おうと、こんなにgrooveのうねりに浸れる曲は、ありません。

 

 

 

さて、今回からメルマガを意識した「サクッと書いてみようバージョン」にトライしてみます。書き上げまでにどれくらい時間がかかるのか測っているので、そちらは「編集後記」でお伝えしますね。

 

 

学校は、「誰にでも受け入れられる場所である」ために、何を失ったのか?

さて、今日はTOSHIさんのメルマガをモチーフにしました。

 

ほとんどの人が集客法というか
ビジネスというものをわかっていません。

わかっていないので
なぜか大企業と同じ戦略を取ります。

私は大手保険ショップに勤めたことがありますが、
そのときの方針は
「誰にでも受け入れられる」
です。

クレームが来ないことが第一優先です。

 

なるほど。大企業は、学校と一緒なんですね(笑)。

 

 

 

確かに、誰からも嫌われないように振る舞えば、当たり障りなく関係を維持できますよね。

 

でも、つまらない。面白くありません。

 

 

 

学校もそういう場です。

「すべての生徒に等しく教育を施す」名目のもと、突出を嫌い、標準化を求めます。

それは生徒に対してだけでなく、教師自身も同じです。

 

 

 

視覚化できない「利益」を見直せ。

「学校はビジネスとは違うでしょ。」

そんな声が聞こえてきそうですが、

学校は、ビジネスです。

 

 

ビジネスは利益を提供することが最優先です。

学校がビジネスの対極にあると考える人は、

学校が利益を提供しない場であることを認めている人です。

 

 

「学校における利益」は、「視覚化できない領域」が多いだけ。

ただ、

・その「領域」に対する見直しがずっと図られておらず、

・その「領域」の育み方も、時代錯誤の状態が続いている。

 

 

それが、今の学校なんですね。

 

 

内部的には生徒に一律であることを求め、教師は新しい提案をしない。

対外的にはクレームを警戒し、細心の注意を払う。

 

 

やっぱり、学校はつまりませんでした(泣)。

 

 

 

 

学校を楽しく、意義ある場にするには、

原則&ビジネス思考

が不可欠です。

 

物事の本質を押さえ、

合理的で効果的なアプローチをしていく。

 

そうすれば、学校はもうしばらく、生き永らえます。

 

 

 

編集後記

さて、「サクッと書いてみようバージョン」はいかがでしたか?

 

所要時間は何と・・・22分!でした。!(^^)!

いまだかつてない速さ。感無量です・・・。

 

次回もチャレンジします。お楽しみに(#^.^#)

 

あ、そうそう、敏生兄さんの音楽がわかるサイトは、こちら。48:00からの6分強で、至福の時を。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました